ゆぴログ

ゆうとおよめさんのぴとちゃんのゆったり書くブログ。略してゆぴログ。まったり更新します。

信頼関係を爆上げする付き合い方【友達ランキング上昇】

こんにちは、ゆぴです

 

人間の悩みは全て人間関係の悩みである

心理学者のアドラー氏の言葉ですが、現代社会では付きまとってくるのは人間関係…

 

そんな人間関係をよりよくするための人付き合いについて説明します!

 

 

人間は人付き合いが苦手にできている

f:id:shinigami5sei:20190717005334j:plain

人間は、数百年前から、新しい人間関係を作るのが非常に苦手な生き物でした。

その理由として…

  • 人間は小さな集団の中で生活し、周囲には家族と顔見知りしかいないから

こうなると、自分の内側の人間関係に気を配ればいいので

新しく出会うような"外側"の人間関係との付き合い方がとても苦手なのです。

 

とはいえ、現代社会では無理にでも赤の他人と付き合わないといけない場面ばかりで

苦手だからと人を避けていると、今度は孤独によるストレスに耐える事になったりと

現代社会はとても人間が快適に生きられる状態ではなくなってきました。

 

友達は何人いればいいのか?

f:id:shinigami5sei:20190717005346j:plain

よりよい人間関係を多く持っていれば幸せかと言うと、そうでもありません。

オックスフォード大学の研究によると、新しい人間関係を築くと、昔の友達との関りが減っていくので、1人の人間が親密な人間関係をキープできるのは

一度に5人前後

 

つまり、友人やSNSのフォロワーが多れば幸せになれるわけではなく

数人程度の親密な関係があれば充分なようです。

 

ちなみに真の理解者と言えるような親友が1人いれば孤独感のダメージが大幅に下がる事をハーバードの成人発達研究でも分かっているので、5人でも難しいのであれば1人の親友を作るだけでもOKです。

 

親友を1人作るだけで幸福度がグッと上がる事をこの記事で解説してます

合わせて読んでみてくださいね。

www.yupilog.com

 

 

有効な人間関係を作るための付き合い方

方法➀ 多くの時間をシェアする

f:id:shinigami5sei:20190717005433j:plain

人間は隣の学校の人間よりも、同じ学校の人間を

同じ学校の人間よりも、同じクラスの人間に好意を寄せる事が社会心理学者のセオドア・ニューコム氏によって分かっています。

 

ざっくり言うと、自分に近い人ほど好意を抱きやすいそうです。

 

どのくらいで親密になれる?

相手にとって"顔なじみ"になればお互いの心の壁が壊れて親密になりますが、だいたい必要になる接触回数は10~20回程度です。

 

まずは根気よく、目と目を合わせる程度の接触から挑戦してみましょう

 

別に一緒に出掛ける必要はないけど…

多くの時間をシェアすれば親密になれると書きましたが、行きたくもない飲み会や接待をする必要は全くないです!(そんな事したら本末転倒じゃん…)

 

デートなどでは同じ体験を共有できる場所に行くと親密度が上がるという研究もあるので、そういった場合には映画館やショーが見れる喫茶店のような場所を誘ってみるといいかもしれませんよ。

 

方法② 同じような行動をする

f:id:shinigami5sei:20190717005511j:plain

オックスフォードの研究では「共通の趣味で人は幸せになれるか」をテーマに40代の男女を集めて以下の習い事コースを行いました。

  1. 合唱
  2. 美術
  3. 創作文芸

すると、全てのグループが満足度や肯定感や炎症レベルが低下しましが、

 

合唱をしていたグループは全てが跳びぬけて高く改善されていました!

 

他の2つの活動と比べて他者との関りが多く、みんなで歌うという行為で全体感を高めたと考えられます。

 

他の人と同じような行動をする事でよりよい信頼関係を築けることがこれで分かりました。

みんなで合唱する必要はありません。2つのポイントだけ抑えてください。

  1. 全員が近い場所で行う
  2. 同じタイミングで同じ事をする

2番は特にミラーリングと同じと言えますね。

これさえマッチすれば相手との親密度を上げれるでしょう。

 

方法③ 相手に利益を与える

f:id:shinigami5sei:20190717005548j:plain

プレゼントで相手の気を引くのと近い行為になります。

物だとコストもかかるし、嫌らしいので、自分のスキルを提供してもいいかもしれません。

 

が、今回相手に贈るのは"信頼"です。

これは誰でも持っている最強の贈り物です。

相手が「こいつは絶対裏切らない」と思われ、確固たる絆が生まれれば、素晴らしい人間関係が築けます。

活用しない手はありません。

 

相手に好かれる話題

好意だけなら「好きです」「信頼してます」と直接伝えればいいのですが、それよりも更に相手に信頼感を与える話題があります。

 

僕のブログでは10パターン紹介しますが、ちょっとアレンジを加えればいくらでも出てきます。臨機応変に使ってみてください。

  1. お金と健康に対しての心配事
  2. 自分の趣味や経験
  3. 人生で幸福を感じる事や楽しいと思える事
  4. 自分がイライラしてしまう事
  5. 自分が改善したいと思っている事(性格・体型など)
  6. 自分の夢
  7. 自分の性に関しての趣向
  8. 自分の弱点や悪いところ
  9. 自分が怒ってしまったエピソード
  10. 恥ずかしかった体験や罪悪感を感じたエピソード

全部話す必要はありませんが、このあたりの話題を相手にする事で

「この人は、信頼しているからこんな話をしてくれるんだ」

と思い、信頼関係が生まれます。

 

ただ、急に重い話をすると引かれる場合もあるので、上手くアレンジしてさりげなく話題にしてみるのがいいでしょう。

 

まとめ

今回は、相手との信頼感を爆上げする付き合い方について紹介しました。

冒頭でも言いましたが、人間の悩みの全ては人間関係の悩みです。

(ひねくれれば、人間関係に関係ない悩みもあるかもしれませんが)

 

つまり、人間関係を制すれば悩みを制した事になります←極論

 

けっこう取り組みやすい方法を紹介しているので、ぜひ挑戦してみてください。

人間関係に悩む人が1人でも多く減ればなと思います。

 

マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編/ゆうきゆう/ソウ【1000円以上送料無料】
by カエレバ