ゆぴログ

ゆうとおよめさんのぴとちゃんのゆったり書くブログ。略してゆぴログ。まったり更新します。

お風呂の最後に"ある事"するだけで脂肪燃焼する方法

こんにちは、ゆぴです

 

f:id:shinigami5sei:20190625010245j:plain

タイトルの通り

お風呂から出る前に"ある事"するだけで、脂肪燃焼効果アップします

もちろん、健康にもオススメです!

 

 

もくじでネタバレします

 

冷水シャワーが健康にいい!

 

入浴の最後や途中で、あえて冷たいシャワーで頭や体を冷やす健康法です

冷水シャワー健康法と言われています!

 

最初から最後まで冷水で済ませるのではなく

最初は湯舟やシャワーでしっかりと体を温めて行うのがポイントです

 

お風呂に入るメリット

冷水シャワー健康法の話の前に、そもそもお風呂に入るメリットって体がスッキリする以外にあるのかを確認します

 

脂肪燃焼・免疫力の向上

f:id:shinigami5sei:20190625010232j:plain

温かいお湯に入る事でヒートショックプロテインという現象が人間の体で起きます

この状態になると、病気や傷の治りを良くする免疫細胞や傷の再生を行う細胞が活性化

 

細胞が活発になれば脂肪燃焼効果も上昇します

 

ストレスの改善

f:id:shinigami5sei:20190625010322j:plain

睡眠によるストレス回復を入浴によって更に手助けします

温かいシャワーや湯舟にはヒーリング効果があります。

できれば湯舟にゆっくり浸かるのがベストです。

お風呂に入るだけで、ストレスの回復量が約30%上がる研究結果も出ています

 

冷水シャワー健康法で得られる効果

 

脂肪燃焼

f:id:shinigami5sei:20190615130905p:plain

お風呂に入った時にも脂肪燃焼効果はあるのですが

冷水を浴びた時には違う意味で脂肪燃焼効果があります。

 

お湯を浴びている間は、カロリーを消化して脂肪を燃焼しています

冷水を浴びる事で、脂肪を燃焼しやすい体質に変化させます。

 

冬など寒い日は脂肪が燃えて体を温めてくれます。

その状態を冷水シャワーを浴びる事で自力で作ることができるんです。

 

免疫力の増加

f:id:shinigami5sei:20190625010357p:plain

冷水を浴びる事で、人間にとって大切な副賢皮質ホルモンを増幅させます

副賢皮質ホルモンは人間の免疫力に関わってくる物質です

冷水シャワーを浴びる事で増えて、それで免役力が上がるなら浴びない手はないです

 

 ちなみに副賢皮質ホルモンは良く聞かれる薬で

"ステロイド"として処方される薬に含まれています。

 

「薬から取れるなら、薬でいいじゃん」

と思うかもしれませんが、長期の服用には注意が必要なので

↓の記事にまとめてあります、合わせてどうぞ↓

www.yupilog.com

疲労回復

f:id:shinigami5sei:20190625010446j:plain

温かいお湯に浸かった後に冷水シャワーを浴びる事により

皮膚を刺激→血管を締める事になり

入浴時の熱を体内に閉じ込めて、より長く疲労回復効果を期待できます

 

ストレス回復

 

f:id:shinigami5sei:20190625010542j:plain

水を浴びる事でグルタチオンという物質を多く生成します

この、グルタチオンという物質

を改善する効果があります。

美容に意識している人にも冷水シャワーはオススメという事ですね

 

冷水シャワー健康法を始める手順

ここまでメリットがある冷水シャワー健康法

正しく行うための手順をまとめておきます

 

お湯で体を温める

f:id:shinigami5sei:20190625010026j:plain

最初から冷水を浴びたら意味ありません、寒いだけです

まずは、普段と同じようにシャワーや湯舟で温かいお湯にしっかりと当たってください

洗顔・シャンプー・体洗いも全部ここで済ませてしまいましょう

 

体の芯までガッツリ温めていく事

冷水シャワーを最大限に活かすためのお膳立てになります!

 

冷水シャワーを浴びる

f:id:shinigami5sei:20190625010602j:plain

体が芯まで温まったら、ついに冷水シャワーを浴びます

注意点です。足から徐々に体の上に行くように浴びてください

 

特に冬場などは、心臓への負担も強いので注意です

 

冷水の温度はどのくらいがいいの?

 

冷水と言っても、どのくらい冷たい水を浴びればいいか

あいまいだと困ると思います。

具体的な温度の決まりはありません

 

最初は22度前後のややぬるいくらいから始めて

慣れてきたら、少しずつ温度を下げるのがいいと思います

 

冬はつらすぎる・・・

 

寒い冬ほど脂肪を燃やして体を温めるので脂肪燃焼効果が高いです

しかし、冬に冷水を浴びるのはさすがにつらいって人も多いと思います

 

冬場の冷水シャワー方法

 

いつも以上に温かいお湯でいつも以上に体を温めてください

体を冷やしすぎると負担がかかってしまうので

冬場の冷水はざっと浴びる程度でいいでしょう

「なんだ、こんなことか」

って思うような方法ですが、体が冷え切らないように注意してください

 

冷水シャワーのデメリット

良い事ばかり書きましたが、やり方を間違えるとマイナスになってしまうので

注意点と一緒にデメリットをまとめておきました

 

体が冷えすぎる

f:id:shinigami5sei:20190625005854p:plain

長い間冷水を浴びてしまうと、体の芯まで冷え切ってしまいます。

こうなると、お湯で体を温めた意味がなくなってしまいます。

 

体の芯はポカポカ体の表面は水でひんやりくらいがちょうどいいです。

いくら長くても3分以内には切り上げましょう。

冷水も、冷たすぎるのであれば少しぬるめにしても大丈夫です

 

心臓への負担

 

f:id:shinigami5sei:20190521123206p:plain

ポカポカの体に冷たい水をかける事になります

急な温度の変化は心臓への負担も強いです

高齢者の入浴後、脱衣所へ行く時の温度差で心臓が止まったという話も聞きます

 

とにかく最初にかける部位は足から

徐々に体の上に行く様に、心臓から遠い部位から徐々に近づける事を意識してください

 

冷水シャワー後も、冷え切らないように素早く水気は拭き取るようにしてください

 

長時間の冷水は逆にストレスが増える

 

長時間の冷水シャワーは、心臓への負担だけでなく

ストレスを感じたり、疲労を感じる原因になってしまいます。

せっかくストレスと疲労に効果的なのに、もったいないですよね

 

プールの後に体がかったるくなるのと同じ現象です

冷水シャワーは長くても3分以内に留めてくださいね

 

 

まとめ

僕もお風呂の時に、毎回冷水を浴びてます。

実際には30秒くらいしか浴びてないので、あまり効果は感じないのですが

 

とにかく風邪をひかなくなりました

※個人の感想なので、人によっては風邪ひくかもしれません

 

最初はけっこう冷たくて、しんどいですが

だんだん慣れてきますし、今は熱い時期なので逆に気持ちいいです

 

習慣化するには熱い夏の時期から冷水シャワーを始めるのはオススメですよ